The Reflection in water

タイトル:The Reflection in water
材料:紙、インク、糸、アルミ箔
銅版画:アクアチント、エッチング、コラグラフ
作品サイズ(版サイズ):920×730(mm)
制作:2020
 日本の生活は、賑わいと孤独をよく感じている。毎日、仕事、学校、家、三つの場所に繰り返してきている。 時々、言うこと、言いたいことは何もないし、言葉を聞く相手もいないし。この無言の、寂しくて静かな世界には、私たまに人生の中で、ある恥ずかしいことを思い出す。後悔の気持ちなどが出てくる。これはしばしば自分を落胆させ、自分の過ちを反省し、自信も失っていく。まるで水たまりのところを歩いているよう。綺麗な格好だと思ったが、水たまりの倒影で服などにははねかえした泥水がつけている。
 この作品は、自分の欠点を熟視しながら、反省する感情を表現したいと思った。ただし、過度の自己反省は否定に陥る可能性があるため、その横にある3つの星と魚は、隠れた希望と利点を表現する。
 

 

The Reflection in water
Show More
   この作品最初の考えは,星と海の光は金箔を貼り,後ろの背景と色付けを木版で刷る。しかし、色々な実験を失敗した理由で、最後、コラグラフ、エッチングとアクアチントを利用して作品を完成させた。しかし、金箔、木版、和紙と銅版の実験はこの作品でまた続けている

 

下絵
下絵-細部II
試し刷り-I
Show More
   質感と楮の含量などを違う紙にすると、違う雰囲気を人に与える。しかし、一枚和紙で木版と銅版を重なって刷れる紙は相当厳しいと思う。木版と銅版の刷り順番も考える必要がある。
 
 以下の写真は失敗した作品である。

 

実験-I
版木
版木-II
試し刷り-I
試し刷り-II
Show More
つづく​

 

All works © lanxin jin | Please do not use or reproduce any content without the expressed written consent of lanxin jin |

lanxin.nancy.jin@gmail.com |