Childhood:A Flight Of Fancy

タイトル:Childhood:A Flight Of Fancy

材料:紙、インク、布、糸、水溶け布

銅版画:アクアチント、エッチング、刺繍(立体)

作品サイズ(版サイズ):900×730×200(mm)

制作:2020

   家族はクリスチャンなので、両親はいつも中国の神話と妖怪に関する物語にほとんど興味を持っていないし、軽視さえしていた。しかし、逆心を持っている私はこれらの神秘で古老の神話に惹かれて、この中の素晴らしい想像力で書かれた内容に心を奪われていた。
 

 例えば「山海経」には登上する魚の一つ陵魚は人面で両手両足がある魚の体をしており、海中で生活していた。シンボルな文字の描写だけを見ても、海の深い世界への憧れの感情が溢れている。人魚のイメージはディズニー映画のような美しく可愛い感じである。それに対する、「山海経」の魚人は怖くて醜いイメージがすぐ出てくる。ディズニー映画の人魚姫とは異なり、これらの神話は私に無限な想像力を与えた。本の中で登場する主人公の陰謀、矛盾やもつれに通じて、世界への好奇心が強くなっている。

 

Childhood_A Flight Of fancy(1.5ギャラリー)
Childhood_A Flight Of fancy(個個に)
2020.2.20-2.24
Childhood_A Flight Of fancy(制作)
Show More
   幼い頃は、現実の世界と物語の世界の違いがよく見分けられず、暗闇や静かずぎる世界に対する得体が知れない恐れがあった。夜、宿題をしている時、少し開いている窓の前にある机の上に座って、家の照明と窓外の闇と強いコントラストを感じていた。風が吹き、枝が震え、葉が音を立ている。その雰囲気で、外の「暗い世界」は植物に囲まれているようだ。木々が空に向かって伸び、天蓋の下に家を覆いた。それから知らない妖怪などはベッドの奥から、テーブルの下の隅から飛び出し、私の周りの世界を見つめている。
 
 子供時代の私は、絵の中の小さな魚みたいではないか。

 子供の想像力に境界はなく、ロマンス的だと思う。孤独な子供時代はファンタジーな想像が伴っているので、誰でもビビったり、悩んだりする場合があるじゃないか。しかし、好奇心は非常に強い動力であり、子供たちは畏れる気持ちのために神秘なことを探究できるチャンスを失うことがないと思う。この作品で、面白い記憶を記録しながら、複雑な感情を観客にシェアしたい。

 赤い線は、層ごとに並べられ、時間の距離であり、数え切れないほどのぼやした記憶という意味だ。作品を見るとき、赤い線の外側に立ち、線の隙間(記憶の層)を通して、子供として自分を見つめ合い、純粋な世界を求める。絵の黒い色とぼやけた筆の動き、ある距離とガラスを設置する理由は、子供時代の記憶が時間の経過とともにはっきり覚えられないことを表現する。
中部细节-1
魚(細部)
Show More
 この作品は、現在の「私」と過去の「私」との間の静かな、秘密的な対話である。この絵を通して、何人かが私と共感してくれることがあるか。

All works © lanxin jin | Please do not use or reproduce any content without the expressed written consent of lanxin jin |

lanxin.nancy.jin@gmail.com |

草丛细节2