群体

タイトル:群体

材料:紙、インク、布、糸

銅版画:アクアチント、エッチング、刺繍

作品サイズ(版サイズ):362×298(mm)

制作:2019

    「群体」は主に自分の脳内に隠れているイメージを描いたものである。
 
   人間が重要な選択に臨むとき、異なる意見を持っているふたりはしばしば頭に浮かんでおり、お互いに主人公を説得するために発言権を激しく奪っている。一体映画はどのようにミニマリズムなスタイルで人間の複雑な感情を表現しているか? 一部の映画では、上に書いたようなテクニックでビジュアルな視覚体験を使用して、観客に抽象的な感情と画面を提示している。
   この作品では、魚のイメージを自分のシンボルとして使い、他人には見えない深い矛盾や苦しいもがきを表現する。
 
   頭の奥には無数の騒がしい声が千鳥のように叫んでいて、紙に様々な魚が無秩序に積み重ねられているようだ。私は時々目を閉じて、子供の頃、母親と一緒に市場で魚を買う記憶を思い出したことがある。多様な種類がある魚が露店に置かれ、買い方に随意に熟視しながら新鮮度をチェックすることに対しては、置いた魚が無力で逃げられないことを記憶に埋もれた。この場面は私に深い影響を与えた!現在の自分は、捕まえられた魚のようなもので、世間からの目線で監視されて力を抜いて逃れることになると感じる。
 
   どうやって自由をもらえるの?心と戦う方法は? 私も自分の変化に期待している!したがって、魚の顔に数え切れないほどの目が描かれている--「あなたが私を観察している間、私もあなたを見ています!」他人の目を気にせず、自信を築いて抗争しましょう
 
   
群体
群体
群体b(違うバージョン)
群体b(違うバージョン)
目の細部
目の細部
    作品に描かれた背景の波は沈黙の抵抗と衝突を表現している。これも人間でさえ操らない思考の海であるものだ。かつ、絵画の中心には刺繍を乱雑に縫いて、神経系の神秘と複雑さを強調している。青色を利用して、観客には病的状態が落ち着いて感じられ、私の考えの矛盾、反抗を強調する。
中心の刺繍細部
中心の刺繍細部
中心の刺繍細部−II
中心の刺繍細部−II
   今度の作品は、線と一番黒い部分を腐食させた後、ニードルで作品全体の明暗の変化を線で一本一本描いて表現する。次にはアクアチントで画面の突兀のところをぼかす。最後、線をアクアチントでぼかしてから、インパクトが弱まるので、全体をエッチングでもう一度覆わせる。
下絵
下絵

線と黒い部分
線と黒い部分

水張り
水張り

下絵
下絵

1/7